「離島の本屋 22の島で本屋の灯りをともす人たち」を読んだ

 

日本には6000以上の島があり、そのうち約400の島で人が暮らし

人口5000人以上の島には大抵、本屋があるという

本書は22の島の離島の本屋を取材した本

 

小笠原諸島伊豆大島中通島礼文島生口島、弓削島、周防大島江田島篠島与那国島与論島八丈島島後島北大東島、家島、大三島奄美大島、新島、小豆島、津島、沖永良部島

 

本州で暮らす僕は本屋に行けばすぐに欲しい本が手に入る

なければAmazonでポチれば早ければ翌日には届く

島で暮らしている人たちはそれができない

だからといって不幸だと思わない

そもそも便利=幸福ではない

その不便さが逆によかったりする

 

最近は便利になりすぎて何か大事なものを失ったように感じる

少し前に半年ほどスマホを持たない生活してみたけど結構楽しかった

誰かから連絡が来てないかな?とスマホをチェックするストレスがなくなった

LINEでちょいちょい連絡を取ってると直接会わなくてもいいかってなるけど

連絡を取っていないので人と会いたくなって直接会う機会が増えた

Googleマップがないと近場でも自力で行けないことに気がついて

地図を買って道に詳しくなり新しい道を発見した

Googleマップは常に最短ルートを教えてくれる

だけど人生と同じでたまには遠回りすることで新しい発見や

面白いものを見つけられたりする

 

何の話だかよくわからなくなってきたが

どこでもいいから島に行きたいな